トップ

玄米

健康に効果的な淡色野菜 

健康的な生活を送る為には、日々の食事において体に必要な栄養素を摂取していくことが大切です。体に必要な栄養素を多く含んでいる食べ物としては野菜があります。野菜には緑黄色野菜と淡色野菜があり、玉ねぎやらっきょうやキャベツや大根や蓮根などが淡色野菜です。ビタミン類や鉄分などが多く含まれている緑黄色野菜と比較すると、玉ねぎやらっきょうなどの野菜には、ビタミンB1などの栄養素を効率良く吸収するのを助ける効果、消化を助ける効果などがあり、栄養素の摂取を助ける成分が多く含まれているのが特徴です。健康を維持する為には、どの食べ物にどのような栄養素が含まれているのかを把握して食べていくと効果的です。

淡色野菜の栄養と効果 

健康に良い野菜といえば、人参やピーマン、トマトのような緑黄色野菜を思い浮かべる人も多いでしょう。しかし、玉ねぎ、キャベツ、大根など淡色野菜が栄養や効果で緑黄色野菜に劣っているわけではありません。キャベツや大根にはビタミンCが豊富に含まれていますし、玉ねぎに含まれる成分は疲労回復や食欲増進、その他にも動脈硬化などの重大な病に効果があると言われています。色の濃い野菜は確かにカロテンが多く健康効果も高いのですが、そればかりになるとやはり栄養がかたよってしまうので、淡色野菜を加えてより多くの栄養素を摂取するようにしましょう。

健康的な食事情報

新着情報